90歳のおばあちゃんでもわかる!ブランディング基礎講座

ブランディング, 世界観とは

今日のブログは、

私のクライアントさんで

90歳になるおばあちゃんにお話した
「マーケティング」をめちゃくちゃわかりやすく

お伝えした時の内容をブログに書いてみました。

何で起業しても
どんな副業をしても
最強のスキルになります!

「商品を売りたいのであれば商品を売るな」
というブランディングについてめちゃくちゃわかりやすく

ブランディングの基礎、本質について話していきたいと思います。

で、今回話すブランディングがないと
どんなにしっかりしたサービスでも
どんなに優秀な商品でも
何も売れませんということなんですね。

で、例えばですよー

美容師って結構、
美容師さんを例えにすると分かりやすいと思うんですけど

美容師っていうのは、

一発5万円くらい取る美容師もいれば
一発千円の美容師もいるわけですよね。

こういう風に商品を売りたいのであれば
商品を売るなという言葉の通り
美容師っていったら髪を切るってことは
決まってるわけですよ

じゃあ何で5万円と千円でこんな違うかっていう

その4万9000円の違いをどういう風に
作り出すかってところを今からお話していきます。

で、皆さんが

ブランディングって聞くと
結構モヤモヤしてると思うんですけども
ブランディングっていうことは
こういうことですよってことです。

色んな企業には、
マーケティング部署とか
広告部署とか
後は、、、、、
PR部とか
後は、ブランディング部

こういう部署が分かれているように
その中でもブランディング部っていうのは
とても重要な役割なんですね。

結構色んな企業がマーケティング部の中に
ブランディング部を入れてやってるとか
そういうのは100%間違いなんですよ。

ブランディングは
ブランディングという部署です。

スペシャリストです。

そういうふうにランディングって
どういうものなのかって
分けていきましょうってことです。

まずね、1個目に必要なのはマーケティングっていうのは

何かっていうと
マーケティングっていうのは
「あなたが好きです!」っていう特定の人に「好き」って
いうのを伝えることがマーケティングなんですね。

じゃあ、

広告、アドバタイジングってなんなんだっていうと

不特定の人に「好きです、好きです、好きです!」
ってビラを配って、、、、、

「好きです、好きです、好きです!」
っていうふうなことをアドバタイジングっていうんだけども
広告も同じようなものです。

じゃあ、PRって何かっていうと
自分が好きですって伝えるんじゃなくて
他の人がその人に「あなたのことが好きみたいよ!」
って伝えてくれることね。
第三者の人が。
こういうのをPRっていうんだけども

じゃあ、

ブランディングって何かっていうと
あっちから「あなたが好きよ!」って言ってくれることが
ブランディングなんですね。

こういう風に
ブランディングさえあれば、
マーケティングもアドバタイジングもPRも要らないんですよ。

だって、あっちから好きよ!って
言ってくれてるんですもん!

百発百中じゃないですか?

で、色んな企業っていうのが
このブランディングをなしに、

「好きです、好きです、好きです!」

みたいなところに莫大な費用をかけてるんですね。

これだと中々ね、

中々、うまくいかないんですよ。

だからブランディングがない
企業ってブランディングがある企業よりも
経費がブランディングがある企業よりも莫大にかかっています。

マーケティング費とか広告費とかね

だから一番重要なのは、

「あなたが好きよ!」って言われるブランディング
好きよって言われりくらいの人間になることなんですね!

例えばね、

そこら辺の髪がボサボサで鼻毛が出てるような男に
女の人が来るはずないじゃないですか

その人が何十人、何百人とお見合いしても結局は、

時間と経費の無駄なんですよ。

ただ、キムタクくらいに顔を整形して鼻毛も切って、
しっかりと整えることで百発百中になるわけですよ!

こういうけとをブランディングっていうことですね。

でまあ、

ブランディングについて話すんですけども、
このブランディングも大きく分けて
ビジネスのブランディングっていうと4つに分かれます。

まず1つ目が、
コーポレートブランディング

2つ目が
プロダクトブランディング

3つ目が
マーケティングブランディング

セールスブランディング

まず、1つ目のコーポレートブランディング

何かというと
ホームページだったりとか
ロゴだったりとか
代表者だったりとか
資本金だったりとか

こういうのが会社のブランディングですよね。
会社の信頼につながるようなブランディング手法ですね

次にプロダクトブランディング
っていうこれは商品のブランディング

例えば、

価格だったり
パッケージだったり
雰囲気、デザインだったり
後は希少性だったりとか

プロダクト、商品に関するブランディングになります。

で、3つ目に
マーケティングブランディングっていうのは、

どういうチャネルに出すか
例えばですが、エルメスがビラ配らないですよね

そういうふうにマーケティングをやるチャネルも
どういうチャネルに出すかっていうのもブランディングで

SNSで実際どんな人を起用してとかいうのもブランディングです。

キャッチコピーもそうだし、
これがマーケティングのブランディングです。

それで、4つ目が
セールスブランディング

どういう風な販売をするのかとか

提携先の選定とか
顧客の選定とかこういうのもブランディングな一部です。

こういう風にブランディングを一概にいっても

4つに分けられるよってことを

理解していただけると自分のビジネスの
今どこをブランディングできてないとか
ブランディングし直した方が良いかなとかわかりやすいですよね!

じゃあ、次に

ブランディングがないとどういう負のスパイラルに

おちいるかというと

えー世の中の企業、法人、過去10年データーで
今生き残ってる会社って6.4%なんですよね、

個人だと2%にもみたないんですよ。

こういう風に100個設立しても1社も残らないっていうくらい

どんどん倒産が続いているのが企業の現実なんですよ。。

ただやっぱり続いている
企業っていうのはブランディングがあるからなんですよ。

ブランディングがないとこの負のスパイラルに
だいたいの人がハマってます。

まず、ブランディングがないってことは

例えば、

Aの商品とBの商品は全く同じ商品があるとします。

そして、

どちらも何もブランディングがされていない条件として
お話していきます。

で、同じ商品なのであれば
まずは価格競争が起きますよね。

で、

右のスーパーではトマトが100円です

左のスーパーでは全く同じトマトが

90円になってます

じゃあ、こっちは80円にしようみたいな
価格競争が起こりますと
で、価格競争が起こった後に

いや、いやいやこれ以上下げられないよ
っていう、もう利益ぐ出ないよっていう
ラインがくるんですね。

そこのラインに両者が達した時点で
今度、サービス競争になるんですよ。

サービス競争っていうのはじゃあ何かっていうと、
じゃあ、このトマトを使ったレシピの本もあげるよ!とか

後はそうだな、、
1個100円じゃなくて
3個100円でいいよ!

こういうサービス競争とか
宅配無料にするよとかさ

そういう風な
その商品だけじゃなくて他のサービスに
繋がるような競争が起こるんですよ。

でも、

他のサービスのサービス競争が起こると
それに不付いする自社コストっていうのが
増えていくんですよ。

例えば、

送料だったりとか
トマトのレシピをあげるよっていう本の代金だったりとか
そういうコストがかかってきますと

で、このコストがかかってくると利益が低下するよね

売上とコストで残りの利益が低下していきます。

で、利益が低下するともっとコストを削減して
利益を得ようとするのでじゃあ次は何のコストを削減するかっていうと

だいたい多くの方や企業は、

PRの削減なんですよねPRの削減をすると
それを知らない人たちが増えてくるから
シェアの低下に繋がって、、、、、

結局、

売れないから
もっと売ろうと思って価格競争ってふうになちゃうんですよ。

こういう風に負のスパイラルになって
最終的には全部潰れてしまうそういうふうな流れになってしまうんです

ブランディングされてないと怖いんですよ。

なので、

まとめるとですね、

しっかり自分の商品をプロモーションした時に、

向こうから「あなたの商品書いたい!」ってブランディングさえ
しておけば価格競争に巻き込まれることもないし、
同業者や競合相手に巻き込まれることもなく、

「買って、買って」みたいな押し売りをしなくても
どんどん商品が売れていく状態が作れるんです!

はい!今日はここまでになります。

世界観と強みで月収7桁のビジネスモデルを完全オンラインで作る特別コースです。

市川真也公式メールマガジン

メールマガジンを無料で読むだけで!

世界観と強みが自分で作れるようになって集客がグ〜ンと

楽になれます!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧